Digital Shift Towards After Corona

アフターコロナに向けたデジタルシフト

コロナショックは経済に大きなダメージを与えている。人と人がリアル空間で実際に会うことが大きなリスクになっている。

しかし、危機の中においても次のチャンスは潜んでいます。リモートワークや、オンライン診断など平時の日本では進まなかったデジタルシフト(DX = デジタルトランスフォーメーション)が進んでいます。

BtoBマーケティングにおいてもコロナショックによって、デジタルシフトが更に進んでいくことは間違いないでしょう。むしろアフターコロナに対応したマーケティングの枠組みや考え方をすすめるチャンスとも言えるのです。

コロナショックの中で、BtoBマーケティングは、コールセンターは閉鎖されインサイドセールスは機能不全であり、対面営業はリモート出社で不可。リードを獲得する展示会も開催されない。セミナー営業もセミナーが開催されない。

今までデジタルマーケティングの顧客接点は、軒並み機能不全になっており、ジタルでリード獲得しリアルでクロージングするというデジタルマーケティングの枠組みは大幅な見直しを迫られる。

コロナによる影響は長期化が予想され、リアルな接点を前提としないマーケティングフローが必要になってくる。

人間関係をベースにした感情に基づく営業活動は難しくなっていく。

リアルの場が喪失したマーケティングにおいて、今後どのように進めていけばいいのか。その一つは、リアルの写像としてのデジタルの場の活用が挙げられる。といっても、単にリアルイベントをデジタルに置き換えるだけでは、効果はでないと考えられる。オンラインMTGといっても伝わる情報はリアル空間よりも少なくなるし、説明側も空気感までは伝わらないからだ。

少なくなる情報を保管するような事前情報・事後情報を提供し、リアル空間と相対的に遜色ない情報量を提供することが必要になってくる。

  • 事前情報としてのホワイトペーパーやオウンドメディア
  • オンラインMTG内での説明資料
  • 事後情報としてのホワイトペーパーやフォローアップ

上記を通じて提供する情報量が少なくならないようにしなければならない。

また、ウェビナーも非同期参加が可能になり有用であると考えられるが、参加感という意味では、リアルタイムのセミナーを定期的に開くほうが良い。ウェビナーの場合には、質疑応答はチャットとなるが参加感が薄く、受注成約率に悪影響を及ぼす。

これからデジタルマーケティングで投資するべきは、ホワイトペーパー・動画コンテンツ・説明コンテンツの蓄積そして、オンラインセミナーまでの動線の確保だ。

モノがあるだけでは、コンテンツとしては弱く、企業文化としてコンテンツをつくっていくという姿勢が必要になってくる。コンテンツリッチな企業文化を熟成していくためには、社内の情報流通を仕組みとして整える必要があります。

ニューロンでは、アフターコロナの時代に求められるデジタルマーケティングを構築するお手伝いをさせていただいております。オンラインでのご面談も随時お受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

中川 晃次[デジタルディレクター:マーケティングディレクター]

1980年生まれ 石川県金沢市出身。クリエイティブ・ディレクターとして、一部上場企業から中堅中小規模企業まで多くのウェブサイトの構築に関わる。情報設計・企画に強みを持ち、デジタルブランディングをクリエイティブ/オペレーションの両面から支援している。また、ハンズオンで流通チェーンの再建・アパレルチェーンの再建に関わり、リアル・デジタルの垣根を超えた企業変革のコンサルティングを行っている。
twitter

Serviceご提供サービス

WEBSITE DEVELOPMENT

ウェブサイト制作

Re:Branding Strategy

リブランディング戦略

WEB CONTENT

コンテンツ制作

Recruiting Site

採用サイト制作

Landingpage Development

ランディングページ制作

BRANDING

ブランディング

CONTACTお問い合わせ

企業課題・ブランドの
課題を教えてください。

企業・ブランドの課題を解決する
web制作/デジタルマーケティングを
ご提案します。

お電話でのお問い合わせ

tel:03-6431-9969 (土、日、祝日及び年末年始を除く10時00分〜17時00分)