webdeign for Content Delivery

コンテンツを届けるためのwebデザイン

スクロールが簡単なデバイスが増えてきた時代に
コンテンツを届けるためのwebデザインとはなにか?

今日はウェブデザインについてお話したいと思います。ウェブデザインは単なるビジュアルデザインという流行だけを追っているわけではありません。ユーザーの見る環境の変化にも対応していかなければなりません。今回はデバイスの変化とコンテンツを届けるためのwebデザインの変化について考えてみたいと思います。

Change device,Change Behavior
デバイスの変化がユーザーの行動を変化させた。

近年の変化にタッチデバイス・ノートパソコンの隆盛があげられます。昔のデスクトップパソコンではウインドウをスクロールするためにスクロールバーを操作するか、矢印の下キーを推し続けるなどする必要がありました。

近年のタッチデバイスやノートパソコンでは、スクロールさせる負荷が極端に軽減しました。その結果ざっとスクロールしてみて自分にとって必要であるかどうか?有益な情報かどうかを判断するまでの時間が短くなっています。昔のようにしっかりと読み込んでから判断するということが少なくなってきました。

スクロール速度の変化によって、webデザインはどのような進化をしなければならないのでしょうか?

めんどくさいと思われない文字サイズ

1つは文字サイズの大きさです。スクロールが簡単となりスクロール速度が早くなった結果、細かい文字でびっしりと書き込まれたサイトは「読むのが面倒」という印象を与えがちです。書籍でも開いた瞬間に文字が小さいと読む気がなくなることありませんか?文字サイズが小さいとそのような印象を与えがちです。本文サイズは昔は12px,13.5pxということもありましたが、現在は16px-18pxぐらいがちょうど良いと考えています。

カタマリとして文章を読ませる余白設計

スクロールが早くなりまるで、パッケージを選ぶようにウェブコンテンツを自分にとって有益か判断するようになったのは先程述べたとおりです。その際に、文字を読むのではなく段落を「ブロック」として認識させ、内容が伝えることが重要です。段落と段落の幅を今までよりも多くとり、ブロックとして認識させることで内容が伝わりやすくなります。

また、コンテンツ幅も40文字程度にすることで、目線の移動を最小限にとどめ読むという行為の負荷を減らすことも重要し、40文字程度であれば、どんなデバイスでも同じ印象を与えることができます。

雑音がないコンテンツ環境

スクロール速度が早くなった結果、しっかりと内容を読むことが少なくなりました。少しでも内容を届けるようにするにはどうすればよいのでしょうか。ディスプレイ上の情報量をコントロールして目移りせずにコンテンツに集中できる環境を用意してあげるということです。要するに、あなたが届けたいコンテンツを以外を画面上からなくしてしまうということです。

上記はレクサスのオウンドメディア「VISIONARY」です。(※弊社制作ではありません。)オウンドメディアといえば、2カラムにしてページからページへ移動しやすくする(回遊性)を上げるというのが一般的な戦略でしたが、VISINARYは大胆に1カラム化し、コンテンツを届けるということに専念しています。

もちろん、コンテンツを選ばせてパーソナライズしたいなどの戦略をとるために2カラムにする選択ももちろんありです。


今回はコンテンツを届けるためのwebデザインを中心に考えてきましたが、世界観を重視する観光分野やBtoCのブランドデザインではまた違ったノウハウが必要になってきます。webサイト制作を起点にデジタルマーケティングのお手伝いをさせていただいております。webデザインのことでしたらお気軽にお問い合わせください。

中川 晃次[デジタルディレクター:マーケティングディレクター]

1980年生まれ 石川県金沢市出身。クリエイティブ・ディレクターとして、一部上場企業から中堅中小規模企業まで多くのウェブサイトの構築に関わる。情報設計・企画に強みを持ち、デジタルブランディングをクリエイティブ/オペレーションの両面から支援している。また、ハンズオンで流通チェーンの再建・アパレルチェーンの再建に関わり、リアル・デジタルの垣根を超えた企業変革のコンサルティングを行っている。
twitter

Serviceご提供サービス

WEBSITE DEVELOPMENT

ウェブサイト制作

Re:Branding Strategy

リブランディング戦略

WEB CONTENT

コンテンツ制作

Recruiting Site

採用サイト制作

Landingpage Development

ランディングページ制作

BRANDING

ブランディング

CONTACTお問い合わせ

企業課題・ブランドの
課題を教えてください。

企業・ブランドの課題を解決する
web制作/デジタルマーケティングを
ご提案します。

お電話でのお問い合わせ

tel:03-6431-9969 (土、日、祝日及び年末年始を除く10時00分〜17時00分)