BRANDING

ブランディング

はみ出し者。それがブランドの第一歩です。
BRANDING IS NOT Differentiation

ブランディングというと、差別化戦略と勘違いされる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、差別化はあるグループの中での差異を際立たせるモノ。それは永遠のレッドオーシャンです。本来のブランディングは唯一性。グループからはみ出した存在であるべきです。
人も同じ人はひとりもいないように、ブランドも同じブランドは世界のどこにもありません。

BRANDING is NOT Decoration!

装飾は本当に伝えたいことを見えなくする。言葉を沢山つたえれば、伝わるのでしょうか。
装飾はブランドを偽装します。「かっこいいからブランド」「高級そうにみえるからブランド」。それは本当にブランドなのでしょうか。本当にするべきことは、「何を伝えるか」「何を考えているのか」を明確にすることです。言い換えるならば、装飾を全て剥ぎ取って残ったものがブランドの核だと考えています。

BRANDING is NOT Etiquette

名刺だから、ウェブだから、ロゴだから。それぞれに「お作法に従う誘惑」があります。
しかし、グループからはみ出した存在がブランドであるならば、その「お作法」に安易にしたがっていいのでしょうか。
そのお作法の集合が、常識の集合が「フツウ」になってしまうならば、それはブランドが目指したものでしょうか。

ブランドの価値、信念を表現するためにウェブの作法、名刺の作法、ロゴの作法をはみ出した「ブランドの作法」にしてきませんか?

CONTACTお問い合わせ

企業課題・ブランドの
課題を教えてください。

企業・ブランドの課題を解決する
web制作/デジタルマーケティングを
ご提案します。

ACCESS アクセス